バイクの盗難防止アイテム

バイクに乗っている人は普段から、鍵を何個もかけておくのは重要なことです。

しかし、原付バイクを停めておく時に、鍵を何個もかければ、そうそうバイクを持っていかれることはないだろうと思っていると危ない目に遭います。

一見頑丈そうに見えるU字ロックやワイヤーロックでも、電動ノコギリを使ったり、油圧ジャッキやボルトクリッパーなどの工具を使うといとも簡単に壊されてしまいます。

それで、野外に駐車する時、バイク盗難にあわないようにするには、破壊されにくい鍵を使う必要があります。

※大切なバイクを守るため・・・>>>指紋認証orスマホアプリでロック解除できる自転車の「鍵」が登場 – ライブドアニュース

また、バイクを停める時には、鍵を使って柱と繋いでおいたり、そうそう壊れないものと結んでおきましょう。

よくホームセンターでもバイク用の鍵を見かけますが、はっきり言ってホームセンターで売っている大きさでは防犯対策にはならず、16mm未満の線型では切断された事例があるようです。

そこで、一番安心なのは重機でなければ破壊できそうもないくらいに頑丈な鍵を使うことです。

チェーン型の鍵を使用するときには、輪っかを作って長さを短くし、鍵が地面に設置してると工具が使いやすくなってしまうため、地面に着かないように工夫します。

また、防犯アラームを使うことも効果があり、ホームセンターで売ってる防犯ブザーと組み合わせて、簡単な自作防犯アラームを作って取り付ける人もいます。

アラームの音量は100db以上なので、あらかじめバイクのカバーに取り付けておけば、十分に犯人への威嚇になります。

カテゴリー: バイクと防犯 パーマリンク