バイクのメリットとデメリット

最近通勤でバイクに乗るようになり自覚したのですが、バイクはバスや車よりもメリットがたくさんあるように思います。

まず、バスや電車は待ち時間があるので、実際に現地まで行くのに思っているよりも時間が掛かります。

ところが、バイクなら自分で近い道を選択して走行できるので、断然早く現地に着きます。

さらに、車で通勤していた頃は1ヶ月のガソリン代が1万円以上しましたが、バイクだと10日に1回くらい給油して1000円ちょっとなので1ヶ月でも4000円弱で済むので非常にお得です。

ところがバイクに乗るのも注意が必要で、私も初めてバイクで車道を走った時にはとても怖かったです。

というのも、それまではメインの乗り物は自転車だったので、安全な場所をゆっくりと走れば良かったのですが、バイクを乗り始めてからは車と同じように車道を走らなければなりません。

時々原付バイクが前を走っていると分かると接触を恐れて無理矢理に抜かそうとする車もいます。

そのため、原付バイクに乗っている時には常に道路の端を走らなければならないので、デコボコの部分を走ることに。

さらに、道路には普通車だけではなくダンプカーや大型トラックも走っています。

原付バイクで時速30キロで走っている時に、後ろからダンプカーに抜かれた時には、横からの風を受けてバイクが全体的に揺れました。

しかし、直に自然を感じることもでき、キンモクセイの香りをかいだり、夕方の気温が下がったことを肌で感じることもできました。

◆◆バイクに関することならバイク王に相談してみましょう。◆◆